adidas

【Vol.12 これが僕のmi adidas (マイ アディダス) | 安間佐千】
2014.08.20 [adidas Originals, adidas Performance, mi adidas, online shop, running]

【Vol.12 これが僕のmi adidas (マイ アディダス) | 安間佐千】

 

 安間佐千 (Sachi Amma):プロ フリークライマー

 

 カスタマイズする理由―

“普段、よく襟付きのシャツを着るので。黒いショートパンツに

シャツとかに合わせるといいかなと思って。”

sachi01.JPGのサムネール画像sachi02.JPGのサムネール画像sachi03.JPG

 “シチュエーションをイメージしてカスタマイズしました。 

履きやすいモデルですね。

素材の違いがちょっと想像できなかったんですけど。

グレーと黒で落ち着いた感じになりました。”

 

sachi04rev.JPGsachi05.JPG

sachi06.JPG

“イメージ通り。このアウトドア感。山のグリーンとか。

相当色んなカラーを選んで悩んで、途中で訳分からなくなって、

もう(このカスタマイズ内容で)いこうと。あ、でも、イメージしていたより

いいかも。僕、好きですね、これ。Boostのフォームもいいですよね。”

 

 

sachi07.JPG   

 “このモデルにもパープル使っていますね、今見て気がつきました。

 その時の気分でしょうね。履き心地いいです。クライミングの大会とか

山とか行く時、本格的なアプローチシューズとは別に、

街履きできるこのくらいカジュアルなシューズがあるといいですよね。

自分もいつも2足持っていきます。

これは、そのカジュアル用に良さそうです。”

 

自宅近くのトレーニング場にて―

”ここにはずっといられますね。集中できる。”

sachi08.JPGsachi09.JPG

“ハードルートにチャレンジする時、なるべく失敗しないことが大事だと

思っていて。長期間いるので自分のタイミングで何回もチャレンジ

できるけれど、ただチャレンジすれば良いわけではなくて。

無駄打ちはマインドにも良くない。事前に他のルートで自信をつけて、

一気にチャレンジするようにしています。”

 

”僕たちのしていることは、『結果を見てもらうものではなく、

自分の人生、生き方を皆に評価してもらう仕事』と聞いて、

なるほどなと思った。

レジェンドたちもそう。その生き様に感銘を受ける。

限界をプッシュしていくところ、そういう世界って、何だろうな。

自分の奥深いところで、そこにいる時って周りのことも気にならず、

社会から離れている。アスリートは、そこから出て色んな人を見る

時間が必要。

多くの人から評価されるためには、そういうところに出る必要がある。

でも、自分の技術はそういうところでは育たない。”

 

“この夏は、フランスでの国際大会2戦の後、Realizationに挑戦してきます。” 

sachi10.JPG

安間佐千選手は、シャモニー、ブリアンソンで開催された国際大会を

2連勝した後、すべてをかけて挑んだフランス・セユーズにある

 Realization、世界で最初に認められた9a+/5.15aを完登。

自身のフェイスブックに綴った様に、”次に進むことを許された”のであろう

安間選手は、更なる高みへと挑戦を続ける。

安間佐千選手オフィシャルブログhttp://sachiamma.com/

 

 

この【mi SN Glide Boost】を購入する→ http://www.miadidas.com/k/O53WMw==

この【mi Element Voyager 2】を購入する→ http://www.miadidas.com/k/O53o+A==

この【mi Gazelle OG】を購入する→ http://www.miadidas.com/k/O53pAg==

 

#miadidas トクベツな1足。

 

 


今すぐカスタマイズ.png