アディダス、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントの公式試合球を発表

POSTED:2019.01.19

UCL_19_4x5_02.jpg

アディダスは、UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19決勝トーナメントで使用する公式試合球「Finale Madrid (フィナーレ マドリード)」を1月19日(土)に発表しました。これまでの公式試合球とは正反対のカラーリングを採用し、白のスターパネルと決勝の舞台となるスタジアムを特徴とした革新的な赤のグラフィックプリントを組み合わせ、同ボールが決勝戦を彩ります。

決勝公式試合球は、UEFAチャンピオンズリーグを象徴するスターが一際目を引くデザインになっています。白のスターパネルが、鮮やかな赤のグラフィックプリントを背景に美しく対比。赤とオレンジを3段階 にエフェクトしたグラフィックが、ボールに大胆かつ現代的な印象を与えています。

世界最高峰の選手たちがUEFAチャンピオンズリーグの舞台で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、ボールにはアディダスの最新テクノロジーが駆使されています。アディダスが手がけるUEFAチャンピオンズリーグのすべての公式試合球と同様、外側のテクスチャコーティングが優れたグリップとコントロールを実現しつつ、サーマルボンディング製法で接合されたスターパネルのシームレスな表面により、ファーストタッチを向上させます。

本公式試合球は、日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋 清史)が2月中旬よりアディダス オンラインショップをはじめ、全国のスポーツ店で順次販売いたします。