2018 FIFAワールドカップ ロシア パブリックビューイング コロンビア x 日本 パブリックビューイングを陸前高田で開催

POSTED:2018.08.01

20180801_pv_01.jpg6月19日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのサッカー日本代表の初戦である、コロンビア戦のパブリックビューイングを、「パブリックビューイングin 陸前高田 実行委員会」が主催。アディダス ジャパンは、特別協賛として参画しました。

会場は、復興のシンボルである「アバッセたかた」の駐車場。当施設は、2017年のゴールデンウィークに、陸前高田市の市街地にオープンした商業施設です。

4年前のリオデジャネイロ大会は、高田小学校の体育館で開催。今回は屋外の開催とあって、天候が心配されたものの、くもりとまずまずの天気でした。

450人分募集した観戦枠は、1週間で埋まってしまうほどの人気で、当日の飛び込み参加を含めた約500人が集まり、キックオフ前から熱気に包まれました。

アディダス ジャパンは、事前申込者にイベントの特別マーキングを施したサッカー日本代表のレプリカユニフォームをプレゼントしたほか、2018年バージョンのキックターゲットや、フェイスシールなどのファンサービスを行いました。

20180801_pv_02.jpgまた、スタジアムと同じような応援ができるよう、練習を重ねた社員応援団「サムライズ」を派遣。初めての和太鼓にとまどいながらも、会場を大いに盛り上げました。

20180801_pv_03.jpg結果はご存知の通り、日本代表2-1コロンビア代表と、日本の勝利!

ゴールのたびに、大人も子どもも市民もボランティアも関係なく抱きあい、歓声をあげ、喜びを分かち合う姿が。

20180801_pv_04.jpg20180801_pv_05.jpgボランティアとしてご協力いただいた市民の方からは、「最高の夜でした!」「パブリックビューイングがこんなに楽しいとは知らなかった。クセになりそう」「やりがいありました!」と、喜びの声をたくさんいただきました。

これを機に、復興への勢いと団結力が、さらに高まることを期待します。