「復活の道しるべ 陸前高田応援マラソン 2017」開催 運営ボランティアとして大会をサポート

POSTED:2017.11.29

11月19日(日)、朝から時折雪がちらつく寒さの中、「復活の道しるべ 陸前高田応援マラソン 2017」が開催されました。

20171129_01.png
同大会は、36年間続いた市民マラソンが津波被害で途絶えた後、岩手県陸前高田市を応援してくださった市外の方々にも広く参加していただけるようにしたもの。市の復興状況を毎年見守っていただきたいという想いから2015年に復活した大会で、今年3回目になります。

「復活の道しるべ」と大会名に冠した通り、復興の状況に応じて毎年何かしら変化が見える大会でもあります。今年の変更点は、5kmのコースを2周することで10kmを走る大会としていたのですが、今年から1周で10kmのコースが用意できるようになりました。

また、親子・友達など4人までのグループで参加できる「エンジョイラン」という種目も新設され、市内の高田東中学校の生徒さんが感謝の気持ちを記したバナーを掲げて走り、沿道から声援をもらっていました。

20171129_02.png
アディダス ジャパンは今年もアディダスアンバサダーのお一人である元鹿島アントラーズの本田泰人さんをゲストランナーとしてご招待。小学校1~3年生男子と一緒に走っていただき、ハイタッチでゴールを迎えていただきました。

20171129_03.png20171129_04.png

本田さんは陸前高田市を数回訪れたことがあるとのことで、まさに「道しるべ」を知るお一人。市内の様子を見て、復興への確かな歩みに感慨深そうでした。

そのほか、関東甲信越エリアから23名の社員をボランティア派遣し、大会運営をサポートしました。

20171129_05.png
完全復興までまだまだ時間がかかりそうですが、その日を願いながら、また来年も支援に来よう! と全員が胸に誓った日でもありました。