陸前高田市でキッズ向けサッカークリニック開催 今年で7回目

POSTED:2017.07.24

20170724_001.jpg2017年7月15日・16日、陸前高田市でキッズサッカークリニックを開催しました。

このクリニックは、2012年よりアディダス ジャパンが主催し、クーバー・コーチングジャパンの協力により、コーチを派遣してもらい行っている陸前高田市の復興支援の一環で、7回目となります。

今回の対象は、高田FCに所属する小学1年生~6年生の48名。

20170724_002.jpg20170724_003.jpg20170724_004.jpg20170724_005.jpg


クリニックは、2学年ごとに分けられ実施。

前半は、年齢に合わせたボールコントロールのトレーニングメニューで、基礎を反復練習。コーチのお手本に、参加の子ども達から「ほ~っ」という声が上がりました。

後半は、学んだテクニックをできるだけ使うことを意識して、1 on 1やチームでのミニゲームを2日間繰り返しました。時には、ポジションについての指導のなかで、視野を広げる重要性を教わる場面も。

最初はできなかったドリブルやターンも、2セット、3セットと練習を重ねるうち、試合の中で華麗に決める選手も出てきて、コーチ陣から歓声と賞賛の声が何度も上がりました。

20170724_006.jpg20170724_007.jpg

東日本大震災から6年半、市街地では10メートルほど土を盛ったかさ上げが進み、4月27日には念願の大型商業施設「アバッセたかた」がオープン(「アバッセ」は、このエリアで「一緒に行きましょう」という意味とのこと)。今年の夏~秋には、その周辺に個人商店が次々と開店する予定だそうです。

しかし、まだまだスポーツができる環境として十分ではありません。総合運動公園ができあがり、子ども達がトレーニングできる環境がきちんと整備されるまで、アディダスは支援を続けていきます。