沖縄でビーチクリーン活動を開催

POSTED:2017.05.30

117_RC5_3756.jpg4月15日、日本サッカー協会主催によるビーチサッカー日本代表xドイツ代表の国際親善試合が、沖縄県西原マリンパークで開催されました。アディダス ジャパンは試合前、ビーチクリーン活動とビーチサッカーパークを実施。従業員をボランティアとして派遣しました。

ビーチクリーン活動を知り集まっていただいた地元沖縄の方と、ビーチで練習していたアメフト部の大学生にもしてもらい、総勢80名ほどでビーチサッカーコート整備を行いました。裸足の選手がケガしないようにと、全員が四つんばいになって、砂の中に異物が混ざっていないか調べていきます。意外と大きな貝や凶器になりそうなサンゴが出てきてビックリでした。

104_RC5_3705.jpg009_RC7_3467.jpg118_RC5_3760.jpg






試合会場外も波打ち際を中心に清掃しました。そこで多く見つかるのは、やはりプラスチックゴミです。

083_RC7_3819.jpg121_RC5_3764.jpg









ビーチの管理事務所に聞くと、風向きの都合で、この時期は少ない方とのことですが、多い季節は毎日清掃してもトラック1台分のゴミ(除く海藻、貝等)が漂着するそう。

人間が出したゴミは、人間が拾っていくしかありません。きれいな海は誰かが守っているのです。
アディダス ジャパンは、ビーチスポーツの会場整備を兼ねて、これからもビーチクリーン活動を実施します。