陸前高田市スポーツ支援の一環に 「第4回adidas Sport Academy」開催

POSTED:2017.05.30

424A2719.jpg『こどもの運動神経をどんどん伸ばす』の著者であり、青山学院大学陸上部の箱根駅伝連覇の立役者の一人として著名な、アディダス契約アドバイザー・中野ジェームズ修一さん。アディダスジャパンは中野さんと共に、2013年から陸前高田市の少年スポーツ指導者育成プログラムを行っています。

初年度は参加者の表情も動きも固かったのですが、回を重ねるごとにトレーニングの理論と技術が理解できるようになり、第4回となる今回は実技講習が行われ、参加者から活発な質問が多く出るほどに。

424A2638.jpg424A2706.jpg








講習会は年1回ですが、あまりに大量の知識と技術を学ぶので、一度で全てを身につけることはできません。そこでカリキュラムをブロンズ・シルバー・ゴールドと3パートに分け、各レベルで試験を設けることで、徐々にレベルアップさせていき、モチベーションを高く保つように工夫しています。

最終的には、ゴールド認定者がブロンズ向け講習会を、プラチナ認定者がブロンズ認定試験を行えることが目標です。これにより、均一なレベルアップと新人育成が陸前高田市の指導者同士で行える「自立」につながります。

今年は、ブロンズ2名、シルバー1名が誕生し、4年間でブロンズ取得者11名、シルバー取得者が4名と着実に数を増やしています。

後日、3名の方がゴールド認定試験に挑戦しましたが、残念ながら結果は来年に持ち越しです。しかし、「これから指導者仲間や生徒、保護者などを対象に講習会を開催し、次回は必ず合格する!」とリベンジを誓っていました。

ゴールド取得者の誕生まで、あとわずか! アディダスジャパンは、引き続き陸前高田市の少年スポーツ指導者育成に取り組んでいきます。