7/4(月)アディダス ランベースがある平河町森タワー(千代田区)にて、

CLIMACOOL BIZのプレス向け発表会が行われました。

アディダスはこの夏の節電対策に伴い「スーパークールビズ」やサマータイムの導入などが

推奨されていることを受けて、スポーツブランドらしいこの夏の提案、

スポーツクールビズスタイル“adidas CLIMACOOL BIZ"を提案しました。

CCBIZ01.jpg

オープニングには、アディダス ジャパンの河合健太郎より、本提案の背景を紹介。


「震災による影響から、通勤時に自転車、ウォーキングやランニングを取り入れる方が増えています。

アディダスはこういった背景のもと、「通勤にスポーツを!」を合言葉に、

「よりアクティブに動き、汗を流すことをビジネスライフに取り入れ、それを楽しむ」

という、スポーツクールビズスタイル「adidas CLIMACOOL BIZ」を提案します。」と挨拶。

発表会には、さまざまな業界の著名人の方が集結。


それぞれの視点から、スポーツクールビズという新しい提案についてコメントをいただきました。

CCBIZ02.jpg

 

左から、白戸太郎氏(プロトライアスリート)、楠本修二郎氏(カフェ・カンパニー代表取締役)、

田島弓子氏(ブラマンテ代表取締役)、石田純一氏(俳優)、北澤豪氏(サッカー元日本代表)、

斎藤和弘氏(元コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン代表)と大物ゲストが勢ぞろい。

カラフルなadidas CLIMACOOL BIZのアパレルに身を包み、軽やかな装い。

 

CCBIZ03.jpg

 

CCBIZ04.jpg

 

内閣官房副長官の福山哲郎氏、内閣総理大臣補佐官の蓮舫氏も会場に駆けつけてくださいました。

 

CCBIZ05.jpg

 

颯爽とバイクにまたがって登場された白戸さん。


白戸さんが司会を務められ、

「adidas CLIMACOOL BIZは、攻めのクールビズ。暑さに耐えるのではなく、しっかり汗をかいて着替える爽快なライフスタイルを」

とお話いただきました。

 

「3年前クールビズを発表した時に、ノーネクタイ、半そでシャツ等は殆どいなかったが、今では普通。こういった(スポーツクールビズ)スタイルも浸透していくと思う。暑い夏とポジティブに向き合ってもらいたいですね。」

という福山官房副長官は、上着の下にCLIMA搭載のブルー半そでシャツを着用。

 

皆が、会社にシャワー施設があると通勤で汗をかくことが苦にならないし、

さわやかに仕事が出来る、仕事着と通勤着を使い分けるためにロッカーが欲しいという話で盛り上がると

「日本は逆境をプラスに変える力を持っています。政府として、節電に向けた仕事環境を整えるサポートを続けたい」とコメント。

5年前からクールビズという元祖クールビズの石田さんは、

「(クールビズにも)いろんなスタイルがあって良いと思う。自分らしいスタイルで暑さも楽しんでほしい」

 

そして、斎藤さんからは、

「多様性の時代、クールビズスタイルもコード(ユニフォーム)からモード(ファッション)としてとらえて、暑さを楽しむ、マインドセットのきっかけになれば」

とコメント。

 


また、adidas CLIMACOOL BIZスタイルの提案に伴い、

アディダス直営店で7/9(土)から実施する「気温割」を発表しました。


「気温割」キャンペーンは、気温が35℃を超えた日に、

CLIMACOOLを中心とした「CLIMA」の印の付いた商品

(一部の商品を除く)の特別割引を行うというもの。


全国のアディダス直営店22店舗(アディダス パフォーマンスセンター

およびコンセプトショップ)にて実施します!


気温割の詳細はこちらから